大阪泉北ニュータウン/シニア向け分譲マンション「マスターズマンション光明池 中楽坊」【公式HP】

マスターズマンション光明池 中楽坊

image
私たちの決着
image
子育てが終わりました。子どもたちも結婚し、独立して大満足。家族のためにあれこれしてきた時間が今は懐かしい。我が家の真ん中に、ようやく戻ってきた夫。これからは、毎日の献立を考えたり、駅前に買い物に出かけたり、お風呂掃除や、庭のお手入れもなんかも、二人でやれるといいのにな。こういった気持ちが年々積もっているのも事実です。なかなか言えなかったこの想い、このスタイルを二人で分け合いたい。
60歳を過ぎて芽生えはじめたこのガマン、
私は決着をつけました。
二人には広すぎる住まいを少し小さくして、生活は手の届く範囲でコンパクトに。もうやらなくていい家事はやらない。頼れるところは頼るし、必要以上に頑張らない。これからの人生は、生き方の効率を上げて、その時間でダンス教室に通ってみたい、子どもの頃に習っていたピアノをもう一度始めたい、時間を気にせずお友達とお茶したい。人生100年時代なんだから、もっと楽しまなきゃ。

もし、独りになっても。
「子どもたちに迷惑をかけたくない。」
そんな将来への不安も、いま解決。

内閣府の調査では、自分や配偶者が寝たきりや介護が必要な状態になるといった「将来への不安」を、約53%の方が持っていると発表されています。また、子どもや孫が遠ざかるかもしれないといった不安も約21%が抱えているそうです。マスターズマンションでは、それらの不安を解消し、永く安心してお住まいいただけるようなサービスを提供。いつまでも気軽に頼れる人がいる安心感、入居者同士で育まれる交流、心も体も活き活きとした快活な日常がここにはあります。
私たちの決着
image
ときに家庭を顧みず、自らの夢や理想も追いやって仕事に生きてきた。家族を守るために。子どもたちの成長のために。そう信じてきた。でも、生きがいは仕事だった、と言えるほどのものでもなかったはずだ。
本当の気持ちは何だろう。これまでの人生で培ったものは、ビジネス社会から一歩踏み出した世界でも、きっと通用するはずだ。時間を持て余し、ハリのない不規則な生活に、決して満足しているわけではない。
折り合いをつけてきた35年。
いよいよシンプルに生きるときが来たのかな。
「今日は何しよう?」なんて、もったいない。昼間に読書をしてみたい、続けてきたゴルフに磨きをかけたい、週に一回は赤ちょうちんに通ってみたい。日常の小さな出来事にも目を向けてみれば、妻も喜ぶだろうか。
これまでの知識や教養、経験は、誰のために使えるだろう。高齢者ではなく、人生の達人=マスターとして一生を終えるなら、それもまた本望かもしれない。

「早めに住み替えてよかった」
マンションだから実現する、
快適な自宅生活、ホテルのような心地よさ。

すでに分譲済みの「マスターズマンション宝塚中山 中楽坊」にお住まいのSさん夫婦(72歳・女性/74歳・男性)は、普通の分譲マンションにはない多彩なサービスや心配りに価格対価値を実感されています。館内に常駐する支援スタッフ、宅配便の取り次ぎから日常生活における些細な心配事や悩み事まで相談できる生活支援サービス。また、ゆったり寛げるラウンジやいつでも気軽に入れる大浴場、寒暖差も少なく快適に管理された内廊下設計など、マスターズマンションは、館内を中心とした快適な「ご自宅生活」を叶える配慮の行き届いた住まいです。
マスターズマンション施工例
マスターズマンション施工例

※掲載写真について/マスターズマンション宝塚中山 中楽坊にて実際のご入居者・スタッフを撮影。